英語耳と年齢は関係あるの?

イメージ左

年齢の壁を超えて英語耳を作るその方法とは?

人間は3歳まではどんな音でも聞きとることができますが、4歳から11歳になるとその能力が衰え始め、12歳になると脳と耳が1番身近な言語に慣れ、他の言語を聞いても自分の言語の近い音を置き換えて認識するようになります。

日本人は英語を聞くと、どうしても頭の中でそれを日本語の音に変えて考えてしまいます。

では大人になってからは、英語耳を身につけることは不可能なのでしょうか?

そんなことはありません。

英語耳と年齢の壁を取り除き、大人でも英語耳を身につけることが可能なリスニング教材があります。それがリスニングパワーです。

年齢を超えた英語耳育成法「リスニングパワー」

英語耳 年齢を含め紹介(右より画像)

英語耳育成の秘密は周波数にあった!

日本人が英語が聞き取りにくい理由は、日本語と英語の周波数の違いにあることがわかってきました。英語の音域は日本語よりも高音なため、日本語の音域に慣れている日本人には英語は聞き取りずらい音なのです。

リスニングパワーではこの周波数の違いに着目し、英語の音を日本人に聞き取りやすくなるよう矯正していきます。

リスニングパワーを30日聞き流すと、英語の単語がはっきりくっきりと聞こえるようになってきます。

リスニングパワーを2週間聞いた後に、字幕なしで映画を見てみてください。

驚くほど耳に英語がポンポンと入ってくることを実感できると思います。

英語耳年齢を克服して最短でバイリンガルに

英語耳 年齢を含め紹介(左より画像)

英語耳が育成されると、英語の語順で脳にインプットする英語脳が育つので、英語の思考回路が出来上がります。

更にリスニング力が上がると、発音も矯正され海外に行ってネイティブと話しても困らない発音力が身につきます。

英語がわかるようになるので、海外旅行や英会話が楽しくなります。

字幕なしで映画や海外ドラマを見ることができるようになります。

英語がもっと効率よく身につくようになります。

リスニングパワーは効率よく短期間で英語耳を育成するのに最適な学習法です。

大人になってからは英語耳を身につけるのは不可能だと諦めていませんか?

人間は3歳までは全ての音を聞き取ることができ、11歳までにはその能力がだんだん衰えていき、12歳を超えると英語をいくら聞いても日本語の似た音に脳が変換してしまうと言われています。

今までの常識では12歳の壁があったわけですが、言語学者のスコットペリーがその壁を取り払うことに成功しました。

日本語と英語の周波数の違いに着目し、日本人が自然と英語耳を身につけられるようにしたネイティブ耳育成プログラム、それがリスニングパワーです。

繰り返しリスニングパワーを聞いていると聴解範囲が広がり、子供の頃の眠っていたヒアリング能力が目覚めます。

リスニングパワーを30日間繰り返し聞いたあと、映画やドラマを字幕なしで見てみてください。今まで右の耳から左の耳に抜けていた単語がはっきりと頭に残ることでしょう。

Copyright © 英語耳に年齢は関係あるの?|大人になってから英語耳を作る方法 All rights reserved