種子島の思い出

病気になる前、離島巡りをしていました。

当時、鹿児島で仕事をしていたので、鹿児島訪問時に足をのばして多くの島を周遊しました。

2011年1月7日〜8日は二度目の種子島。

種子島時堯の治世、1543年の鉄砲伝来の地として知らぬ人のいない種子島ですが、とても魅力的なところです。

鹿児島県では多くの場所で“つけ揚げ” (さつま揚げ) を食べたのですが、忘れられないのは種子島での、とびうおの揚げたてです。とにかく美味かった。

鉄砲伝来の地
種子島宇宙センターのロケット
月窓亭の入り口にある14代 沈壽官の書のレプリカ

観光スポットとして、とくに印象的だったのは、2000年まで種子島家の当主が居住していた屋敷跡である月窓亭。

1975年9月28日、司馬遼太郎夫妻と14代沈壽官夫妻ほかがこの屋敷を訪問し、種子島家の人々と宴会を行なったのですが、その様子は「街道をゆく8 〜種子島のみち」に詳しく描かれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする